抗体ワクチンを作り重症化するのを防ぐ

予防接種などでよく耳にするワクチンですが、ワクチンとは、色々な感染症の原因となる細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらの体の中で悪い働きをする毒素を無毒化したりしたものです。

予防接種などでワクチンを接種しますが、それは、細菌やウイルスに対する抗体が体の中に作られるのです。

抗体が作られることによって白血球が体に予防接種で入ってきた細菌やウイルスを体に良くないもの、敵であると判断するのです。接種することでその敵を覚えるのです。

その敵を覚えているため、次に、外部から様々な細菌やウイルスが入ってきた時に、これは敵だと判断し、病原性を弱めたりしてくれるのです。そのため、例え、細菌やウイルスが体の中に入ってきてしまっても、症状がでなかったり、例え、症状が出たとしても軽度ですむのです。感染予防、発症予防につながるのです。

ワクチンには、様々な種類があります。生ワクチンは、生きた状態の病原体の病原性や毒性を弱めたものです。

免疫力を長い間、保つことができます。副反応として、ほとんどの場合は、弱いですが、その予防接種をした病気の症状が出たりもします。BCGやロタウイルス、風疹、麻疹などがあります。それらを予防接種した場合は、次の予防接種は4週間以上空けないと接種することはできません。

不活性ワクチンがあります。免疫をつけるのに必要な成分だけを病原体から取り出し、病原性を消失させたり、無毒化させたりしたものです。

病原性が含まれていないので、その接種した病気にらかかることはありませんが、1回接種しただけでは、免疫は作りにくく何回か決められた回数を接種する必要があります。

永久的に免疫が持続するもではないものもあり、何年かごとに接種しなければならないものもあります。

インフルエンザや不活性ポリオなどがあります。生のものと異なり、接種した後わ1週間経ったら他のものを接種することができます。

トキソイドと呼ばれるものもあります。不活性ワクチンの中で細菌の毒素だけを取り除いたものを言います。ジフテリアや破傷風などがあります。

ワクチンの予防接種は、接種する年齢が推奨されているものもあり、自治体で予防接種の費用の補助があるものもあります。

決められた期間に、決められた回数を接種することが病気にならない体作りには大切です。そのため、医師の診断の元、スケジュールをうまく調整して予防接種を行うことが重要です。